FC2ブログ

明日も旅バイクと

旧名 エフロクの翼に乗って です。今後ともよろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラジルW杯総括(長文です)

こんばんは
蒸し暑いですね。

ドイツ優勝から4日ほど経ち、W杯の興奮もだいぶ落ち着いてきましたかね。
今日は、私の独断のブラジルW杯総括をお届けします。
ちょっと、厳しいことも書くかもしれません。
しかも、長文です。
複数回にわけません。
一気に書きます。
ご容赦ください。

その前に。
この土日に、私が一昨年までヘッドコーチをしていた少年サッカー団が主催する1年に1度の
大きな大会がありまして、お手伝いに行ってきました。
そのときの写真です。
IMG_15631
審判服を着ていますが、結局一度もしていません。
「絶対に倒れるからダメだよ」と家族からしつこいほど言われていたので、テントの中で受付やら案内やらをしていました。
どうでしょうか。少しは様になっているでしょうか。笑

さて、話を戻します。W杯。
話したいことは4点
1)ドイツの優勝がもたらしたもの
2)ブラジル王国の失墜
3)日本サッカーはどう変わる。
4)大会を振り返り

では、さっそく。
1)ドイツの優勝がもたらしたもの
ドイツのサッカーは衝撃的でした。
10年ほど前のドイツサッカーといえば、屈強な体格を利用した力強いサッカー。
特にテクニックに秀でるわけでもなく、とにかく前へ前へのサッカー。
正直、つまらないサッカーでした。
しかし、優勝したドイツチームのサッカーは私が思い描いていたものとは
全く違うサッカーをしていました。
細かく早いパス回しから一気に相手ゴールを狙ったり、
はたまたカミソリのようなカウンターをしかけたり、
中央突破あり、サイド攻撃あり、
これほど多種多様な戦術をもっているチームは見たことがありませんでした。
私は、スペインがオランダに負けた時点で、細かなパス回しのサッカーは終焉を迎えたのかな
と思いました。ところが、ドイツはそのサッカーをさらに高度に進化させていたのです。
ドイツの優勝によって、これからのサッカーの戦術が変わるでしょう。
パス回しだけでもダメ、カウンターサッカーだけでもダメ。
相手の戦術に合わせて臨機応変に対応できる引き出しをもつことが必要になってくるでしょう。
敷居が一気にあがった感じがします。

2)ブラジル王国の失墜
私の優勝予想はブラジルでした。
いや、正確にいうと、優勝してほしいという願望からのものでした。
我々の世代では、サッカーといえばなんと言ってもブラジルです。
足元についつくようなボールテクニックは、ブラジルが本家本元です。
しかも私は静岡県清水出身、日本のブラジルといわれたところ。
ブラジルとは昔から親交があった街ですし、小さいころから親近感のある国でした。
ですから、ドイツに1-7、オランダに0-3で2試合完敗したのは、
正直ショックのなにものでもなかったです。
すさまじい個人技で魅了するわけでもなく、流れるようなパスワークもなければ、
豪快なシュートもなし。
ブラジルは長い間掲げていたサッカー王国という看板をおろすべきときが来たかもしれません。
ブラジルがW杯で優勝したときは、世界的なプレーヤーがチーム内にゴロゴロいました。
前回の日韓W杯で優勝したときも、攻撃陣にロナウド、ロナウジーニョ、リバウドなど
超がつくぐらいの選手がいました。
その前のアメリカ大会でも、ロマーリオ、ベベッド、ドゥンガ、ジョルジーニョ。レオナルドなどなど。
ところが、今年は正直言って、攻撃陣はネイマールぐらいでしょうか。
一人ではどうすることもできません。
スペクタクルなサッカーはできませんし、点も入りません。
けっして、サッカー王国という名前の上にあぐらをかいていたわけではないでしょうが、
ヨーロッパや他の南米諸国がブラジル以上のスピードで進化していったのでしょう。
そう、ブラジルはサッカー先進国から脱落してしまったのです。
ただ、ブラジルがこのまま陥落しつづけるとは思っていません。
あのブラジルです。
間違いなく、大きな改革を断行するでしょう。
育成の仕方にもメスをいれてくるでしょう。
次ロシアW杯にむけて変わること間違いないと思います。
期待したいと思います。

3)日本サッカーはどう変わる
次期監督にメキシコ人のアギレ氏が濃厚だそうです。
かねてより、日本はメキシコのサッカーを目指すべきだ と思っていた私には、いい知らせでした。
ブラジルW杯の日本代表には言いたいことはたくさんありますし、前回多少書きましたから
これからのことを考えましょう。
はっきり言います。今までの攻撃重視のサッカーでは世界には通用しません。
残念ですが事実です。
日本がW杯でベスト8をめざすなら、カウンターサッカーに戦術を変えるべきです。
大量点なんかとる必要ありません。1-0でいいのです。しっかり守ってカウンターで点をとる。
これしかないです。
嫌な言い方かもしれませんが、勝つチームが強いのです。
ボール支配率が高く華麗なサッカーをやっても負けてはダメです。
それがW杯です。
今後は、カウンターサッカーをできる選手を集めるべきです。
ヨーロッパで活躍している選手をたくさん集めても意味がないです。
やりたいサッカーに柔軟に対応できる選手を集めるべきです。
アギレ氏がどういうサッカーをするのかわかりませんが、もし私が監督ならカウンターサッカーを目指します。

4)大会を振り返り
ブラジルが負けた2試合、スペインがオランダに負けた試合、アジア勢の試合
を除き、いい試合が多かったですよね。
GKにいい選手が多かったからでしょうか。非常にしまった試合が続きましたよね。
決勝トーナメントはまさにワールドクラスの試合が目白押しでした。
若い力も活躍してました。
特に、言うまでもないですが、ハメスロドリゲスは強烈なインパクトを与えましたね。
レアルマドリーがほぼ確定のようですが、さらにレベルの高いリーグにいってしごかれて、
もっともっと洗練された選手になって、ロシアW杯に戻ってきて欲しいです。
あと、残念だったのが、イタリアとイングランドの古豪ですね。
両チームとも予選リーグで敗退。
ブラジルと同じく、抜本的に改革するべきときがきたかもしれませんね。
逆にコスタリカ・チリ・ギリシャなどは、
非常に気持ちの入ったプレーを見せてくれて好印象を持ちました。
コロンビアも実力ではベスト4には入ると思いました。
少しずつサッカーの勢力図は変わっていくのでしょうか。

まだまだ、書き足りないかもしれません。笑
でも、4年後のロシアW杯にむけた戦いは始まっているのです。
我々も、4年後を見据えましょう。
ロシアではどんなチームが活躍するのか、どんな若い力が爆発するのか。
ブラジルの復活はあるのか、日本はどこまで進むのか。
興味は尽きません。

では、皆様、また4年後にお会いしましょう。

ブラジルW杯 興奮と感動をありがとう!!!

↓よろしかったらポチっと
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

GAさん
わかりやすい総括ありがとうございました!
ドイツは進化したサッカーだったのですねえ・・

トータル的に見ても、神業プレイや延長戦の死闘など
見ごたえあったし、
しかも、イケメンたくさんいたので、
素人にも、興味深いワールドカップでした(^^♪

新監督になって、成長するサムライたちが
楽しみですね♪

2014.07.18(Fri) 14:22       順 さん   #-  URL       

Re: タイトルなし

順さん
長文読んでもらってありがとうございます。

> GAさん
> わかりやすい総括ありがとうございました!
> ドイツは進化したサッカーだったのですねえ・・

はい。しかも、メンバ全員に戦術が浸透しているので
完成度はかなり高いです。

>
> トータル的に見ても、神業プレイや延長戦の死闘など
> 見ごたえあったし、
> しかも、イケメンたくさんいたので、
> 素人にも、興味深いワールドカップでした(^^♪

おっ、そうでしたか。
日本の試合以外にも、結構見られたんですね。
はい。白熱した試合が多かったと思います。
サッカー選手って、サッカーをやっているだけでもカッコいいのに
さらにイケメンだったら、鬼に金棒ですよね。

>
> 新監督になって、成長するサムライたちが
> 楽しみですね♪

4年後のW杯に生まれ変わって戻ってくることを願いましょう。

順さん、4年後のロシアW杯のときも、記事を出しますので
コメントをよろしくお願いします。爆

2014.07.19(Sat) 00:43       GASHOB さん   #-  URL       

がーさん。

カッコいいよ!!!!! (*^^)v

2014.07.19(Sat) 20:34       vさん さん   #-  URL       

Re: タイトルなし

V兄ぃ
こんばんは

> がーさん。
>
> カッコいいよ!!!!! (*^^)v

ありがとうございま~す。
およそ1年ぶりの審判服です。

数年前の審判服姿の写真を見つけましたが、
別人かと思いました。
どこかのお相撲さんに見えましたよ 笑

2014.07.19(Sat) 21:35       GASHOB さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。