FC2ブログ

明日も旅バイクと

旧名 エフロクの翼に乗って です。今後ともよろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年夏休みツーリングレポート その3

2日目の続きからです。
7/31(水)

私の中で葛藤はありましたが、
でも、ここまで来たら、やっぱり日本最後の清流をこの目で見たくなりました。
行くしかないだろう 私は覚悟を決めました。

さて、ここからは一心不乱に四万十川と381号線を目指します。
ここで、四万十川のだいたいの場所を確認しておきましょう。
shikoku.gif
(公共在団法人 四万十川在団のHPより)
結構大きいことがわかりますよね。
話を戻します。

これが国道なの? っていう439号線をただひたすら南下します。
IMG_1701.jpg
こんな細い道をこんなスピードだしていいの? っていうくらいに
ガンガン飛ばします。

381号線にぶつかりました。右に行くと四万十川の上流、左に行くと下流です。
でも悩んでいる時間はありません。極力佐田岬に近い方向へ、ということで右折します。
四万十川が見えてきました。
IMG_1723.jpg

憧れの清流と沈下橋です。向こうの方に沈下橋が見えます。
IMG_1724.jpg

では、ここから静かに流れる四万十川と優しくそしてどっしりとたたずむ沈下橋をご覧ください。
IMG_1727.jpg
IMG_1726.jpg
IMG_1728.jpg
IMG_1729.jpg
IMG_1730_20140809212008eb2.jpg
IMG_1731.jpg
IMG_1732.jpg
IMG_1733.jpg

私は、静かにゆったりと流れる四万十川、その清らかさに心も体も洗われてしまいました。

如何でしたか?
時間が少なかったため、あまり枚数的には少ないかもしれませんが、
雰囲気を味わっていただけましたでしょうか?

沈下橋を今一度復習しておきましょう。
「橋の上に欄干がなく、増水時には水面下に沈んでしまう橋のこと。」
です。さらに
「建設費が安く抑えれるので、山間部や過疎地などの交通量の少ない地域で生活道路として多く作られてきた。
が、慣れているはずの地元住民でさえも、転落事故が絶えないことから、徐々に姿を消している。
そんな中、高知県は沈下橋を生活文化遺産ととらえ、保存し後世に残 そうと いう方 針を決定している。
四万十川には支流を含め47の沈下橋がある。」
とのこと。

四万十川の沈下橋は、変な言い方ですが、質素に見えます。
本当に大丈夫? というぐらいの簡単なつくりです。
ただ、長年の間、壊れることなく生活道路として第一線で活躍し、今もなお地元の人たちい愛され続けているこれらの橋。
昔の人たちの、技術と知恵に敬意を表したいです。

さて、「道の駅 四万十とうわ」 で少しの間感慨を深め
我に返って、いざ佐田岬を目指します。

途中で、松山自動車道を使うことで、かなり時間を短縮することができました。
17時には、佐田岬半島の入り口にこれました。
愛媛県の南西に位置する、日本一細長い半島です。


powered by 地図Z


ここからが、佐田岬メロディラインのスタートです。

「メロディライン」の謂れを事前に全く調べずに行ってしまい
後からわかったのですが、
「道の駅・瀬戸農業公園」前の三崎から八幡浜方面へ行く車線、約430mの区間で、
法廷速度(50km/h)で走って走行すると、「みかんの花咲く丘」が約31秒流れる。」
とのことでした。
そう、残念ながら、私が走った方向とは逆方向の道を走らないとメロディが流れなかったようです。
ちなみに、メロディー道路って、どういう仕組みかご存知ですか?
「メロディー道路とは、アスファルト舗装に溝を掘ることによって、自動車走行のタイヤ接地音で
メロディーを奏でるものです。溝の間隔で音階を、溝の数で音の長さを調節することで、
メロディーとして聞こえます。」
だそうですよ。
日本には、他にもメロディ道路はありますよね。
そういう道を探して回るのもいいかもしれませんね。

おっと、また横道に逸れてしまいました。笑

さて、実は急いでいたので、佐田岬メロディラインの写真はあまりありません。苦笑
でも、信号が待ったくない一本道。
非常に爽快に走れました。
IMG_1734.jpg
IMG_1735.jpg
IMG_1736.jpg
IMG_1737.jpg

補足ですが、この道、昼間の天気がいいときに走ると気持ちがいいでしょうね。
細長い半島のため、道の左右に大海原が広がっているわけです。

三崎が見えてきました。フェリーも泊まっています。
本来ならばさらに先に進み、半島の先端にある佐田岬灯台まで足を運び、
海に向かって大声で叫びたいぐらいでしたが、なんとここから11kmもある。
どうしようかなと思いながら、先に進んだのですが、だんだん道が細くなり、
しかもよく見ると街灯が全くない道です。
これは帰りは危険だと、灯台に行くのを途中で諦めフェリー乗り場に戻ってきました。

ちょうど、フェリーが出航する5分前です。
聞くと、すぐに乗れるようです。
バイクの待ちもないようです。
急いで手続きをして、バイクをフェリーの中に入れて、無事にフェリーは出航しました。
IMG_1739_20140809215617d6a.jpg

さよなら、四国。
IMG_1740.jpg

最後は、バタバタしたけれど、
本当に楽しかった2日間だったよ。
また、来るからね~
と名残惜しみながら、いつまでも四国を見つめていました。

さて、70分後、九州に着きました。
何度目の九州でしょうか。笑
別府を目指します。

何故、別府にしたのか。
それは、温泉に入りたかったからです。
温泉つきで安いホテルを見つけました。
楽しみです。

1時間ぐらい走ったでしょうか。
ホテルを見つけました。
フロント係の方も大変親切でした。
今日こそは、美味しいものを食べよう ということで、
フロントの方に聞いたところ、
お薦めの店を教えてもらいました。
「うれしや」
という店です。
何でも食べれる居酒屋
ということで、行ってみました。
人でごった返していましたが、一人だったのですぐ案内されました。

以下食べたものです。
これ、サービスで出してもらった刺身です。
IMG_1741.jpg
これこれ、これが大分名物の「とり天」です。こういうのが食べたかった。。。絶品です。
IMG_1742.jpg
夏はゴーヤでしょう。ということで、大好きな茄子との炒め物。
IMG_1743.jpg

どれもこれも、美味い。しかも、値段も安い。
ビールが進む進む。
お腹一杯となり、上機嫌でホテルに戻り、フロントの人にお礼を言って部屋に戻りました。
温泉で汗を流して、その後は爆睡だったようです。

こうして、2日目が終わりました。

2日間の四国ツアー。
大変満足いくものでした。
明日は九州を堪能します。

では。おやすみなさい。

本日の走行距離:不明 苦笑

追伸:とりあえず、地図は無しということで。ごめんちゃい。


↓よろしかったらポチっと
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

がーさん! こんにちは!!(*^^)v

台風で、執筆活動が進んでいる様ですね?? (*^^)v

1~3、拝見しましたが、四国って良い所デスネ~!!

四国の方には失礼かも知れませんが、日本の昭和の夏って感じ・・・好きなのですよ・・・

よーーーーし!! そのルート、いつかがーさんに案内して貰います。爆!!

地図も良いね。ライダーの足跡が分るし、ツーの参考になります。

又、一緒に走ろうね!! (*^^)v

2014.08.10(Sun) 17:02       vさん さん   #-  URL       

Re: がーさん! こんにちは!!(*^^)v

V兄ぃ こんにちは

> 台風で、執筆活動が進んでいる様ですね?? (*^^)v

はい。ただでさえ遅筆なので、こういうときに稼がないと。笑
疲れたら、英語の勉強をしています。爆

>
> 1~3、拝見しましたが、四国って良い所デスネ~!!

いいところだと思いました。

>
> 四国の方には失礼かも知れませんが、日本の昭和の夏って感じ・・・好きなのですよ・・・

そうですね。
変な言い方ですが、信州と同じ匂いがしました。
日本人の忘れかけた、それでいて懐かしさのある風景がたくさんありました。

>
> よーーーーし!! そのルート、いつかがーさんに案内して貰います。爆!!

あはは、なら、その前にもう一度下見に行こうかな。

>
> 地図も良いね。ライダーの足跡が分るし、ツーの参考になります。

はい。初心者のブロ友から地図が欲しいといわれて、これから極力つけるようにします。
苦戦していますけど 笑

>
> 又、一緒に走ろうね!! (*^^)v

もちろんですとも
よろしくです。

2014.08.10(Sun) 17:09       GASHOB さん   #-  URL       

Gaさん、お疲れ様です。
やっぱり四国カルスト行かれましたか。
でも他のコースは読めませんでした。
(台風の影響下、今週でなくて良かったね。)

うだつは私も行ったことないんで今度行ってみよう。

四国の天空への道「UFOライン」(地元の人は瓶が森のことをこう呼んでます)
にも行かれたんですね。
私も今のバイク乗り始めたときに瓶が森・石鎚から四国カルストへ向かい
高知を回ったんです。
確かに四国の国道は酷道がありますね(笑)。
よさく(R439)は楽しい道もありますけどね。

メロディーラインはやっぱり天気のいい日が最高ですよ。
ちょっと残念でしたね。
灯台はフェリーから見えましたか?
(灯台のある先端まではバイク降りて歩かなくては、たどり着けないので
急ぎ旅には行かなくて正解だったかも)

国道九四フェリーすぐ乗れてよかったですね。
私も好きなルートなので、また四国・九州を目指したいデス。

続きも楽しみにしてます。

2014.08.10(Sun) 17:14       ふき さん   #-  URL       

Re: タイトルなし

ふきさん
こんにちは

> やっぱり四国カルスト行かれましたか。

はい。どうしても行きたくて、最終的に出発の前日に決めました。

> でも他のコースは読めませんでした。
> (台風の影響下、今週でなくて良かったね。)

かなり無理やり感はありますけどね。
そうなんですよ。少しでもずれていたら、大変なところでした。

>
> うだつは私も行ったことないんで今度行ってみよう。

是非是非、訪れてみてください。落ち着きますよ。

>
> 四国の天空への道「UFOライン」(地元の人は瓶が森のことをこう呼んでます)
> にも行かれたんですね。
> 私も今のバイク乗り始めたときに瓶が森・石鎚から四国カルストへ向かい
> 高知を回ったんです。

そうそうUFOラインって言うんですよね。
晴れていれば、素晴らしい尾根沿いのいい道で絶景が楽しめたはずなのですが。苦笑
やっぱり、瓶が森・石鎚から四国カルストは定番のコースなんですね。

> 確かに四国の国道は酷道がありますね(笑)。
> よさく(R439)は楽しい道もありますけどね。

驚きましたよ。車一台やっと通れるような道が国道なんですから。
酷道とは、よく言ったものですね。

>
> メロディーラインはやっぱり天気のいい日が最高ですよ。
> ちょっと残念でしたね。

ですよね~。今回は走っただけ でした。
ま、次回に期待です。

> 灯台はフェリーから見えましたか?

いえ、もう疲れていたのもあって、外には出ずにソファーで横になっていました。笑

> (灯台のある先端まではバイク降りて歩かなくては、たどり着けないので
> 急ぎ旅には行かなくて正解だったかも)

そうなんですね。
結構遠くて、びっくりしました。
引き返してよかったです。

>
> 国道九四フェリーすぐ乗れてよかったですね。
> 私も好きなルートなので、また四国・九州を目指したいデス。

実は、ドキドキしてました。
バイクの待ち行列ができていたら、どうしようかって。
平日だからですかね。

いいルートだと思いました。
もう少し四国を満喫したかったですが、また今度にします。

>
> 続きも楽しみにしてます。

ありがとうございます。
今日夜には更新できると思います。完結編です。

2014.08.10(Sun) 17:39       GASHOB さん   #-  URL       

山と川と沈下橋、、
確かに改めて考えると、
稀少になりつつある光景なのですね。少年の飛び込む瞬間も
清流の水しぶきが目に浮かんできます♪落ち着いたあたたかい日本の風景をありがとうございましたm(__)m

地図すごくいいです~(*^^*)
GA さんツーリングマップルのみで、弾丸しているそうで、、

方向音痴の私からすれば
ますます大尊敬!
憧れのライダー像そのものです!

名物トリ天とビール、
良かったですね~美味しそう
(*゜Q゜*)
九州の旅もどんな物語か
楽しみにしています!

2014.08.11(Mon) 00:32       順 さん   #-  URL       

Re: タイトルなし

順さん こんばんは

> 山と川と沈下橋、、
> 確かに改めて考えると、
> 稀少になりつつある光景なのですね。少年の飛び込む瞬間も
> 清流の水しぶきが目に浮かんできます♪落ち着いたあたたかい日本の風景をありがとうございましたm(__)m

はい。四国には、日本人が忘れかけた懐かしく温かい風景がたくさんありました。
ずっと見ていても飽きません。

>
> 地図すごくいいです~(*^^*)
> GA さんツーリングマップルのみで、弾丸しているそうで、、

はい。地図を見るのが好きなんでしょうね。
ツーリングマップルはそれほど、詳細ではないですが、私にはそれくらいが合っているようです。

>
> 方向音痴の私からすれば
> ますます大尊敬!
> 憧れのライダー像そのものです!

そんなに持ち上げないでくださいね。
舞い上がりそうです。笑

>
> 名物トリ天とビール、
> 良かったですね~美味しそう
> (*゜Q゜*)
> 九州の旅もどんな物語か
> 楽しみにしています!

はい。トリ天は美味しかったです。
やはり、地元の名物を食べるのは旅行ならではですね。

2014.08.11(Mon) 22:37       GASHOB さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。